パンケーキ食べ放題の「デニーズ」が袋叩きで謝罪 「2時間いて食べられたのは最初の一皿のみ」

印刷

   「ふっくら焼きたてパンケーキ 夢の食べ放題」―――ファミレスチェーン大手デニーズが2014年10月16日から始めた食べ放題企画に18日、19日の土日にお客が殺到してとんでもないことになってしまった。

   2時間いて運ばれてきたのは小さなパンケーキ2枚。「焼き立て」を謳っているのに冷たい、フルーツのトッピングは少量でおかわりができない、などなどだ。「これは食べ放題じゃない!」などと怒りが爆発し、ツイッターは批判のつぶやきのオンパレードになってしまった。

無言で立ち去る客「お腹すいた」と泣き出す子供

心ゆくまで堪能できるはずが...
心ゆくまで堪能できるはずが...

   この食べ放題企画は東京、埼玉、茨城、大阪、長野など限定約40店舗で実施されていて、テレビなどでも事前に紹介されたため、お客の期待は高まる一方だった。というのも、中学生以上は税込み999円でワンドリンク付き、小学生以下は同540円でドリンクおかわり自由という値段で、しかも午後2時から8時までずっと食べ続けることができる。

   イメージ写真では様々なフルーツとアイスクリームがパンケーキの上に山盛りになっていて、ソースがたっぷりかかっている、というものだった。「安い!」「もう行くしかない!!」と話題になったが、結果的に18日、19日の土日はツイッターなどで批判のオンパレードになってしまった。

   実際に運ばれてきたパンケーキの写真をツイッターにアップした人は、パンケーキは一皿に2枚置かれていているが、小さい、と不満を示す。お腹を満たすには10枚は必要だと主張する人もいる。そして、焼き立てのはずが冷たくてパサパサ、シロップの量が少ない、などといった文句がつぶやかれた。

   それ以上に問題なのが、肝心のパンケーキを注文しても運ばれてこなかったこと。

「デニーズのパンケーキ食べ放題、酷い。2時間居て最初の1回しか食べられてない。企画が失敗だね。帰りたい」
「相方に付き合ってもらってデニーズのパンケーキ食べに行ったけど混んでて一枚しか食べれずぼったくりでしたん...」

   NAVERまとめによると、店内の様子をブログでレポートした人もいて、パンケーキが来ないから無言で立ち去っていく客、「お腹がすいた」と泣き出す子供、など殺伐とした状態だったと説明し、期待していたフルーツも客が1人だろうと4人だろうとキウイ2切れ、バナナ2切れ、オレンジ2切れのみでおかわりはできなかった、と嘆いている。フロアの店員からも笑顔が消え、厨房を見ると他の料理も作らなければならないため明らかなオーバーワークだとわかる、という報告もあった。

10月末で終了だが人気があるため第二弾の開催も

   「デニーズ」を運営するセブン&アイFood Systemsの広報によると、今回の食べ放題は予想をはるかに上回るお客が来て、対応が間に合わなかった。パンケーキを一枚焼くのに7分ほどかかる中で注文が殺到し、食器も足りなくなる状況だった。このため、

「お客様にご迷惑をおかけした店舗が4、5店舗あったことを把握していまして、お客様のご批判を真摯に受け止め、本当に申し訳なかったと思っております」

と謝罪した。ツイッターで騒ぎになってすぐに人員を増やすなどの対策を講じた。今週の土日などの繁忙時にはこうしたことは起きないようにするし、フルーツの量も増量することを検討したいとも話している。そして、食べ放題は10月末で一旦終了する予定だが、要望が多ければ時間をおいてまた始めたいとしている。

インヴァスト証券

   「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。続きを読む

PR 2016/8/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中