アートセラピストによるイラストエッセイ(5)【岩手・陸前高田発】

印刷
news_p219315_1.jpg

佐藤さんは、私と同じ仮設に住んでいます。佐藤さんはお針子さんでした。津波の後、毎月の年金で少しずつ裁縫道具を買いなおしてきました。佐藤さんは、家も裁縫道具もすべて流されてしまいましたが、人を思いやる心は流されませんでした。 私にポケットの沢山ある、エプロンを縫ってくれました。

  Mrs. Sato is a survivor of the tsunami and lives in the same community of my shelter. She was a seamstress. Because she lost her house and sawing tools, she has bought one piece of sawing tools every month after the tsunami. She lost everything, but she did not lose her love toward people.

  She made aprons which has many pockets for me.

(佐藤 文子 Psy.D.)



佐藤 文子
臨床心理学博士・メンタルヘルスカウンセラー・アートセラピスト。多摩美術大学大学院卒業後、米国で臨床心理学博士・心理学修士・アートセラピー修士を取得。アメリカで臨床経験を積み、2010年の帰国後から福島県立医科大学 丹羽真一教授(現 同大学会津医療センター特任教授)のスーパービジョンを受けている。元シアトル医療評議員。2012年より、陸前高田市緊急支援カウンセラーとして、カウンセリング・心理教育・子育て支援・教育講演などを行う。陸前高田市の鵜浦医院でもコンサルテーションを実施している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中