北朝鮮でも「ドラえもん」が人気 児童施設の金正恩氏視察で判明

印刷

   アジアをはじめ世界中で人気のドラえもんが、ついに北朝鮮の労働新聞にも登場した。金正恩第1書記が視察した児童向け施設の写真に、それらしきぬいぐるみが映りこんでいたのだ。

正恩氏、杖つきながら現地視察活発化

正恩氏の後ろに、ドラえもんらしきぬいぐるみが映り込んでいる(労働新聞より)
正恩氏の後ろに、ドラえもんらしきぬいぐるみが映り込んでいる(労働新聞より)

   正恩氏は何らかの持病を抱えていることが確実視されている反面、杖をつきながら現地視察を活発化させている。国営メディアは、2014年10月22日には科学者の保養施設、24日には軍事訓練、26日には児童向け施設の視察について報じている。

   特に26日の労働新聞の1面トップの見出しは「敬愛する金正恩同志が完成された平壌育児院、愛育園を現地指導した」。施設内には保育室と教育室、運動室、知能遊戯室、治療室など約250部屋を備え、4か月で完成させたという。

   1~2面の2ページにわたって現地視察の様子を特集。正恩氏の写真も13枚掲載された。記事には、正恩氏がいつ視察したかは明記されていない。ただ、記事には、

「敬愛する元帥様は猛暑をいとわず建設現場を何度も現地指導しながら、建設の方向性と方法を明らかにし、党創立記念日までに工事を完了できるよう、発生するすべての問題を優先的に解決した」

ともある。朝鮮労働党の創立記念日は10月10日なので、施設は遅くとも10月初旬には完成し、正恩氏の視察はごく最近だとみられる。

プラレールの「きかんしゃトーマス」似のおもちゃも

テーブルの上には「きかんしゃトーマス」に似たおもちゃが...(労働新聞より)
テーブルの上には「きかんしゃトーマス」に似たおもちゃが...(労働新聞より)

   11枚の写真では、正恩氏が笑顔で施設内のベッド、プール、保育室を視察している。

   その中で目を引くのが、正恩氏の後ろに置かれている青くて丸いぬいぐるみだ。ひげと赤い鼻のようなものも確認でき、明らかに「ドラえもん」だ。

   別カットでは、正恩氏の横のテーブルの上に、鉄道模型のおもちゃらしきものが見える。青いレールと青い機関車、赤茶色の客車という点では、「プラレール」の「機関車トーマスシリーズ」と共通している。ただ、プラレールと写真の模型とでは、長さと高さの比率が若干違うようにも見え、日本から輸入したのか北朝鮮が独自に製作したのかは微妙なところだ。

   それ以外にも、ボールプールなど明らかに国外から輸入したとみられるものも多く、正恩氏の力の入れようがうかがえる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中