薬事法改正案「全会一致で」 維新の党の井坂衆院議員が「危険ドラッグ」規制強化に意欲

印刷
ネット番組「テラポリ」でインタビューに答えた井坂議員
ネット番組「テラポリ」でインタビューに答えた井坂議員

   危険ドラッグの規制強化を目指し、野党7党が衆院に提出している薬事法改正案をめぐり、維新の党の井坂信彦衆院議員が2014年10月27日、ネット番組「J-CASTテラポリ」の取材に答え、「11月提出予定の自民党案のいいところも組み合わせ、全党一致での通過を目指したい」と成立に意欲を見せた。

   野党案では、指定薬物と同等以上に有害な恐れのある薬物を「危険薬物」として、製造・販売の中止を命じることができるようになる。井坂議員は、危険ドラッグによる暴走運転で亡くなった女児の名前が、最近流通している危険ドラッグの製品名として使われている事例を挙げ、「こういう輩を相手に、国会はきちんとケリを付けないといけない」と、危険ドラッグの早急な「違法化」の必要性を主張した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中