西日本で3日夜に強い光を放つ未確認飛行物体

印刷

   西日本各地で強い光を放つ未確認飛行物体が2014年11月3日午後6時前後に発見された。小惑星のかけらなどが大気圏に突入して燃えた「火球」ではないかという説が有力だ。

   この物体は北東から南西の上空を流れ星のように通過した。福岡空港に設置されているNHKのロボットカメラでもおよそ4秒間記録した。「火球」とは流れ星のなかでも特に明るいものを呼ぶ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中