朝日新聞・木村社長が退任 12月5日の臨時株主総会で新体制

印刷

   朝日新聞社の木村伊量(ただかず)社長が2014年12月5日に開く臨時株主総会で退任し、新たな経営陣を発足させることが分かった。

木村社長(左)や9月11日の会見で進退に言及していた
木村社長(左)や9月11日の会見で進退に言及していた

   木村社長は、東京電力福島第一原発をめぐる「吉田調書」記事の取り消しを発表した9月11日の会見で、

「再生に向けておおよその道筋をつけ、すみやかに進退について決断する」

などと進退に言及していた。

   しかし、具体的な退任時期が明かされず、社内からも「これ以上の居座りは許されない」といった批判が出ていた。

複数の役員が退任か

   臨時株主総会では木村社長以外に、編集担当を解職された杉浦信之取締役らの複数の役員が退任する見通し。取締役全員が「吉田調書」問題や従軍慰安婦をめぐる「吉田証言」問題の責任を負うべきとの考え方も出ており、退任する役員はさらに増える可能性もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中