4Kテレビの金額構成比、50型以上で51%に GfKジャパン調べ

印刷

   家電製品を市場調査するジーエフケー マーケティングサービス(GfK)ジャパンが、家電量販店における4Kテレビの販売動向を調べたところ、2014年11月3~9日の50型以上の薄型テレビ販売で、高画質の4Kテレビの金額構成比が51%にのぼったことがわかった。11月12日に発表した。50型以上の大型テレビで、4Kテレビが半数を超えたのは初めて。家電量販店など全国約4000店の販売データをまとめた。

   また、テレビの購入意向者の92%が4Kテレビを認知し、そのうち43%が4Kテレビの購入を検討しているという。とくに20代以上では61%に達し、若い世代の関心が高いことがうかがえる。

   4Kテレビは薄型テレビ全体の金額構成で24%を占め、数量ベースでは50型以上で34%、全体で6%を占めた。高単価の4Kがテレビの販売額を押し上げているといえる。

   薄型テレビ市場では年末商戦に高単価製品の販売が大きく伸びる傾向にある。4Kテレビが広く浸透してきたなかで、「年末商戦でのさらなる販売拡大が期待できる」とみている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中