フランス映画社が破産 「勝手にしやがれ」など海外傑作を多数配給

印刷

   フランスを中心とした外国映画の老舗配給会社、フランス映画社(東京都中央区)が2014年11月7日に自己破産を申請し、12日付けで東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンクが19日に伝えた。負債は約3800万円。

   同社は1968年設立。当初は大島渚監督をはじめとする国内の独立プロ作品の海外輸出を手がけ、1976年からはフランスを中心とした海外の傑作映画を日本に紹介する「BOW(Best Of World)シリーズ」をスタートした。

   ジャン=リュック・ゴダール監督の長編デビュー作で仏ヌーヴェル・ヴァーグの代表作ともなった「勝手にしやがれ」をはじめ、ビクトル・エリセ監督の「ミツバチのささやき」、ジム・ジャームッシュ監督の「ストレンジャー・ザン・パラダイス」、ヴィム・ヴェンダース監督の「ベルリン・天使の詩」など、世界の巨匠たちの名作を数多く配給してきた。

   かつては年間7億円前後の売上高があったものの、近年はハリウッド映画の隆盛などから配給は減少傾向に。近年の年間売上高は1億円程度まで落ち込み、14年8月には実質的に営業を停止していたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中