韓国平昌冬季五輪、準備がベタ遅れ 「日韓共催の可能性」まで囁かれる

印刷

   韓国江原道・平昌で予定されている2018年冬季五輪の開催に、不安が漂っている。競技場建設などに必要な巨額の財政負担がネックとなり、準備が大幅に遅れているようだ。

   今夏には、招致を成功に導いた五輪組織委員長が1年以上の任期を残して辞任。国を挙げて取り組む姿勢が必要だが、体制が一枚岩とは言えない状況に「返上論」まで飛び出している。

メーンスタジアム建設を巡り政府と自治体が対立

冬季五輪は開催地の費用負担が大きい(写真はイメージ)
冬季五輪は開催地の費用負担が大きい(写真はイメージ)
「平昌は2018年の五輪を諦めるのか」

   韓国の英字紙「コリアタイムズ」電子版は2014年12月2日、こう題した記事を掲載した。開催地の地元、江原道議会は、韓国政府の十分な支援が得られなければ五輪を返上すべきとの強硬な意見を突き付けているという。

   五輪のメーンスタジアム建設に関して、政府は50%の負担を決めた。韓国の「五輪特別法」では、競技施設の新設や改修にかかる費用の割合は政府が75%と定められている。しかし政府は、スタジアムが開会式と閉会式にしか使用されないため主要施設と認めず、同法の適用範囲外との立場だ。これに江原道側が反発し、足並みが乱れている。

   韓国の主要紙「中央日報」日本語電子版は10月16日付で、平昌冬季五輪の準備不足を指摘した記事を配信した。開幕まで残すところ3年あまりの段階で、現地では「競技場建設のための最初のスコップも入れていない場所がある」と指摘する。実は平昌でのメーンスタジアム新設を取りやめて、同じ江原道の別の都市、江陵にある総合運動場を改修して活用する案が浮上していた。だが記事では「出入り口と聖火が入る場所はもちろん、オリンピックプラザなどの附帯施設が入る空間がなかった」と、代わりができないとの判断だ。開催地である平昌の強い反対もあり、自治体や住民間の対立をあおる格好となった。

   平昌五輪の総事業費は、2011年の五輪誘致時点で6993億ウォン(約749億円)だったが、物価上昇率などを考慮すると8200億ウォン(約878億円)まで膨れ上がる可能性があると、同紙は予測する。2014年に開かれたロシア・ソチ五輪では総事業費5兆円とも言われた。比較すればずっと低く抑えられてはいるものの、自治体にとっては決して軽い負担額ではない。

   実際に冬季五輪は、施設の整備だけでなく雪不足対策も求められる。ボブスレーやリュージュ用に特別なコースもつくらねばならず、費用がかさむ。現在選考が進んでいる2022年冬季五輪開催地に立候補していたノルウェー・オスロは、財政負担が大きすぎるとして2014年10月に招致活動から撤退した。

最後の最後で韓国政府が救済策を出すはず

   五輪取材を続けている在ソウルの韓国人ジャーナリストに聞いた。「政府が今年8月、大韓航空を所有する韓進グループ会長を新組織委員長に据えると、スケート会場の建設が始まるなど準備に向けて動き始めました。ただ、全体の遅れは否めません」と明かす。

   冬期五輪の歴史の中で、開催地決定後に返上した例がある。1976年の会場に選ばれた米デンバーは、環境破壊と財政上の理由から住民の間で反対運動が起き、大会組織委が辞退を決めた。代替地に選ばれたのはオーストリア・インスブルック。1964年にも行われていたことから、競技施設がそのまま使えるとの判断があったようだ。

   万一、平昌が開催地返上となれば、日本も無関係でいられるとは限らない。過去、アジアで冬季五輪が開かれたのは日本のみ。代替地が必ずアジアから選ばれるわけではないだろうが、1972年の札幌、98年の長野と2度の経験がある点は考慮されるかもしれない。札幌は2026年の開催地として立候補することを表明したばかり。平昌の代わりとなれば思わぬ形で五輪開催が実現する半面、非常に短い期間での準備を強いられることになる。

   「日韓共催の可能性」を指摘したのは、11月29日付の産経新聞電子版だ。国際オリンピック委員会(IOC)が公表した中長期改革案の中に、開催都市の経費削減のために分散開催の容認が盛り込まれたという。地理的に可能で環境面にも配慮することを条件に国外都市との「共催」を認めることとしたそうだ。そこで、平昌では準備の遅れが指摘されているだけに、一部競技を長野で分散開催というシナリオもなきにしもあらず、というわけだ。

   ただ前出の韓国人ジャーナリストは、「五輪返上はありえないでしょう」と明言する。同国初となる冬季五輪開催を支持する国民は、今も大多数に上る。確かに巨額の経費をどう賄うか課題は残る。だが多くの関係者は「最後の最後で、政府が救済策を出すことになるだろう。五輪返上という不名誉に甘んじることだけは何としてでも避けたいと考えているはず」と話しているそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中