古舘伊知郎「パワポ知らないからなんだ!」 ひとり舞台で騒動への思いを激白

印刷

   「報道ステーション」(テレビ朝日系)メインキャスターの古舘伊知郎さん(60)が2014年10月、ひとり舞台「トーキングブルース」を11年ぶりに開催した。その舞台の一部が12月19日、テレビ放送された。

   古舘さんは、今年ネットで話題になった「パワポ知らない騒動」などを得意の話術で語り、ネット上で反響を呼んでいる。

「トーキングブルース」がテレビで放送

「古舘伊知郎トーキングブルース」公式サイト
「古舘伊知郎トーキングブルース」公式サイト

   「トーキングブルース」は1988年から2003年まで毎年行ってきたトークライブだ。04年春の「報ステ」開始からは休止していたが、14年10月18日、テレビ朝日の運営するライブハウス「EXシアターホール」(東京都港区)で復活した。

   番組は、練習風景と約2時間15分の公演を1時間に短縮したものだったが、その内容は「古舘節」全開だ。今年のニュースをおさらいする上での「一番の眼目」として、自ら「古舘が『パワポ』知らなかった騒動」を紹介すると、会場には拍手が巻き起こった。

   発端は14年4月9日の「報ステ」だった。STAP細胞をめぐり、理化学研究所の小保方晴子氏(退職予定)が使用していたプレゼンテーションソフト 「パワーポイント(PowerPoint)」について紹介する場面があった。そこで古舘さんが「わかる人にはわかるのかもしれませんが、私にはわかりませんでした」などと語ったことで、ネット上は「キャスターなのに無知すぎる」といったコメントであふれ炎上した。

   この時の様子を古舘さんは、「パワポ知らないからなんだっつーんだよ、本当に! ネットとか普段見ないのに、のぞいてみたらすごかったな。炎上してな」と振り返る。「年も年だから、仕方なくね?」という投稿には、「バカヤロー、上から目線で言いやがって若者よ」と批判。例をまくしたてながら、略語が増える理由を「メールの台頭があるから」と分析しつつ、

「ショートメールなら70字以内。それからツイッターが140文字以内ってやつなんだろ。これじゃ、どんどん略さざるを得ない――こういうオレもショートメールが打てるようになりました」

と、次の話題へ移った。

一部で批判出るが、好意的な声も多く

   結果的に「パワーポイントを知っていたか否か」ではなく、「略語の是非」へ話をそらしたことから、ツイッターでは「『知らなくて何が悪い』と開き直っていた」「逆ギレとか最低だわこいつ」「問題のすり替えはNO THANK YOU」といった批判も一部出ている。

   一方で、「面白かった」という感想も多かった。

「キャスターとしては嫌いだけど、アナウンサーとしては好きだ」
「古舘伊知郎はやっぱりこういうマシンガントークで本領を発揮する。ニュースキャスターは彼に似合わない」
「報ステキャスターとしての古舘さんしか知らない世代からみると、あの途切れなく言葉を並べる古舘さんが別人に感じる」

などのように、古舘さんを再評価する声が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中