百田尚樹さん、発言を撤回「死ぬまで作家やってやろう」 「殉愛」騒動も本に?

印刷

   作家の百田尚樹さんは2014年12月19日、自身のツイッターで引退を臭わせた発言を撤回した。

   17日にいったん、「別に作家なんていつ辞めたっていい。世間に媚びへつらって生き残ろうとは思わん」などとツイートしていたが、この発言をJ-CASTニュースなどが記事にしたことを受け、「嬉しそうに記事にしてからに。気分悪いから、死ぬまで作家やってやろう」と、今度は「続投宣言」を投稿した。

   しかし20日には「自分の本が売れなくなったら、即座に作家をやめる。具体的には三冊連続して重版されない本を出したとき」と再び進退について微妙な発言をしている。

   疑惑に揺れる「殉愛」については「この騒動が落ち着いたら、一年後か二年後にすべて本にする。直接の関係者たちがどう動いたか、全部書く」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中