謝罪の裏で社内には「私の何が間違っていたのか」 ナッツ姫に「反省していない」批判が加速

印刷

   大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長(41)が客室乗務員(CA)のピーナッツの出し方に激怒し、離陸直前の同社機を引き返させて機内サービスの責任者の事務長を降機させた、いわゆる「ナッツ・リターン」事件は、世論の反発を背景に趙氏の逮捕・起訴にまで発展した。

   メディアの前ではひたすら謝罪を繰り返していた趙氏。だが、その裏で大韓航空の常務に電話で「私の何が間違っていたのか」と不満をもらしたとも報じられ、「反省していない」などと趙氏への批判がさらに強くなっている。

事件起こした直後に「飛行機が遅れたことに対して責任を問う」と本社にメール

大韓航空は信頼を取り戻せるのか(写真はイメージ)
大韓航空は信頼を取り戻せるのか(写真はイメージ)

   ソウル西部地検は2015年1月7日、事件捜査の中間報告を発表し、趙氏を起訴したと発表した。

   趙被告は、14年12月5日、ニューヨーク発仁川行きの大韓航空機内で20分にわたってCAに対して暴言を吐いたり暴行を加えたりした上、航空機を強制的に引き返させ、機内安全責任者でもある事務長を降機させたとして航空安全法違反の罪に問われている。これに加えて、国土交通部の調査に対してうその供述をしたとして公務執行妨害の罪にも問われている。

   検察の調査で明らかになった趙被告の振る舞いに、改めて批判が集まっている。複数の韓国メディアによると、趙被告は事件を起こした直後、客室担当の常務に

「(CAが)ピーナッツのサービスひとつまともにできない。このようなことで飛行機が遅れたことに対して責任を問うので準備するように」

とメールで指示していた。常務はメールだけでは事態が把握できなかったため、事務長に電話で確認。事務長は趙被告の行動の一部始終を報告書にまとめて本社に送った。だが、常務は趙被告の行動が違法だと認識し、報告書を受け取った従業員に対して報告書のファイルの削除やPCの入れ替えを命じ、証拠隠滅を図った。

   この常務も、証拠隠滅を主導し調査を妨害した罪で起訴されている。

   12月8日には、趙被告は常務に対して、電話で

「(飛行機から降ろすという)最終決定は機長がしたではないか。マニュアルを徹底できなかった者を降ろしたのが何の罪になるのか。間違った事務長が謝罪しなければならないのではないか」

などと伝えていた。「私の何が間違っていたのか」とも述べたという。

メディアの前では反省の態度をアピールしていた

   さらに、趙被告は常務に対して「事態を収束しろ」と指示し、常務は

「事態はコントロールできている」
「支持されたとおり事態は収束している。法律違反がないようにする」

などと応じていた。こういったやり取りは、12月11日頃まで続いたという。

   趙被告は12月12日の時点で、報道陣の前で「(事務長に)心より謝罪する」などと頭を下げ、14日と15日には事務長の自宅を訪問。事務長が不在だったため謝罪の手紙を置くなどしていた。メディアの前では反省の態度をアピールする一方で、社内では自らの責任を回避を試みていたことが明らかになったことで、大韓航空に対する国民感情はさらに悪化しそうだ。

   朝鮮日報は、趙被告が「3つのうそ」をついていた可能性を指摘している。具体的には、趙被告は(1)12月12日の段階で「暴行は知らない」と話していた(2)12月30日には「(事務長に対して)飛行機を降りるように言ったが、飛行機がすでに動き出していたことは認識していなかった」と述べていた(3)前出のとおり、常務に「私の何が間違っていたのか」と電話した、という点だ。公判では、暴行の有無、「飛行機を引き返させた」という認識の有無、証拠隠蔽行為の有無について争うことになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中