岡田氏、細野氏の「維新との合併提案」を暴露

印刷

   民主党の代表選(2015年1月18日開票)を前に1月8日に東京・内幸町の日本記者クラブで開かれた公開討論会で、岡田克也元代表が細野豪志元幹事長とのクローズドな会話を暴露し、細野氏が「やや残念」などと反発する一幕があった。

   公開討論会では、細野氏は一貫して他党との合併には否定的な立場だったが、岡田氏は

「私はよく覚えているが、選挙解散の目前、2日前ですね。(細野氏は)衆議院だけでも、みんなと民主と維新と合併すべきだという、かなり強い提案をされたんですね。あの話は一体何だったんだ、と。政治家は自分の言葉に責任を持つべきじゃないか」

と発言の整合性を追及。これに対して細野氏は

「やや残念。というのは政治家同士ですね、きちっとクローズドの場所で話したことを、こういう場所で公開で質問されるということ自体、わたしはちょっと、岡田さんらしからぬことをされたなと思います」

などと反発。「合併」発言については、

「選挙区調整という中途半端なすみ分けをするよりは、いろいろな可能性を模索すべきではないか」

という意味だったと釈明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中