吉行あぐりさん107歳で死去 朝ドラ「あぐり」モデル

印刷

   NHK連続ドラマ小説「あぐり」のヒロインのモデルとなった吉行あぐりさんが2015年1月5日、肺炎のため亡くなった。107歳だった。

   吉行さんは美容家の草分けで、1985年に自伝「梅桃(ゆすらうめ)が実るとき」を刊行した。これをもとに97年に「あぐり」がドラマ化されている。長男は作家の故淳之介さん、次女は作家の故理恵さんで、ともに芥川賞を受賞している。長女は女優の和子さん。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中