大学講師がキャンパスで全裸に 同棲中の女子学生に要求されていた

印刷

   大正大学(東京都豊島区)は2015年1月10日、同大学の非常勤講師の男性(55)がキャンパス内に全裸になっているのを発見された経緯と背景を、公式サイトで報告するとともに謝罪した。

   報告によると1月8日午後3時ごろ、キャンパスの建物間の通路で、全裸の男性が発見された。職員が保護して事情聴取すると、大正大の女子学生(21歳)と口論になり「私に信じてほしいならば、ここで裸になってくれ」と要求されたと男性は説明した。

   男性は独身で半年ほど前から、この学生と親も同意の上で生活をともにしていたという。日頃から学生は情緒不安定な面があり、「感情が高まると突発的にどんな行動を取るか分からず、彼女の言う通りにしないと収まらない」として、要求に従ってしまったそうだ。極めて軽率な行為だと反省して辞表を提出し、理事長はこれを受理した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中