はるかぜちゃん、ツイッターアカウントを削除 「声優の名前の勘違い」が大炎上

印刷

   「はるかぜちゃん」ことタレント・春名風花さん(13)のツイッターアカウントが2015年1月22日、「しばらく、お休みします」というツイートを最後に削除された。一体何が起こったのだろうか。

   グーグルのキャッシュページからツイート履歴をたどると、騒動の源が見えてきた。

「周夫さん」を「明夫さん」と間違える

ついにアカウントを削除した春名さん(14年4月編集部撮影)
ついにアカウントを削除した春名さん(14年4月編集部撮影)

   15日、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男、「美味しんぼ」の海原雄山、「忍たま乱太郎」の山田伝蔵などを演じた声優・大塚周夫さんが亡くなった。

   16日、ファンから大塚さん死去を知らされた春名さんはすぐさま反応、「去年会ったばかりなのに...」などとつぶやいたようだ。

   しかし、実は「去年会った」のは大塚さんの息子にあたる声優・大塚明夫さん。とんだ勘違いをしていたのだ。ファンから「亡くなったのは周夫さん」と指摘を受け、すぐさま謝罪、明夫さんのアカウントへも

「突然の事に驚いてしまい、初動で明夫さんとお父さまを混同したツイートをしてしまいました。心よりお詫び致します。こんな時に本当に申し訳ありません...。ご多忙で大変かと思われますが、どうかご自愛ください」

とメッセージを送っている。

   明夫さんも

「ひさしぶりだね(^-^)そんなこと何も気にしなくていいからね?」

と返信、騒動は収束するかに見えた。

   しかし、一部のツイッターユーザーは黙って見過ごさなかった。

「声優志望なのに知らないなんて可笑しい」
「声優志望としてこれは如何なものか。間違っただけではすまんと思うけど。会ったことあるのにろくに覚えてないなんて」
「あなたの注意不足で他人にものすごく失礼なことをした」

   アニメのアフレコやナレーションの仕事もこなし、一時期ツイッターのプロフィール欄にも「声優志望」と明記していたことが災いしたのか、執拗な批判を受ける。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中