「ニュースウオッチ9」大越キャスターに降板報道 単なる異動か、官邸の意向受けた「更迭」か...

印刷

   NHKのニュース番組「ニュースウオッチ9」の大越健介キャスター(53)に降板報道が出ている。同局の「夜の顔」として2010年春からメーンを務めてきたが、2015年3月いっぱいで交代するというのだ。

   さらに日刊ゲンダイと週刊新潮は、その背景に官邸の「意向」があると指摘している。

「キャスター交代は定期路線」という報道も

大越キャスターの降板報道、真相は?
大越キャスターの降板報道、真相は?

   大越さんは東大野球部でエースとして活躍。NHK入局後は政治部に16年間在籍後、米ワシントン特派員、支局長などを経て、10年3月にニュースウオッチのキャスターとなった。番組中で述べる見解が物議を醸すこともあるが、落ち着いた進行や淡々とした語り口にはファンも多い。

   そんな大越さんの「降板話」をいち早く報じたのは1月21日付けの日刊ゲンダイと22日発売の週刊新潮だった。それも単なる降板ではなく、官邸の意向が働いた上での「更迭」という。両メディアの情報源は「NHK関係者」。どちらも、大越さんの原発再稼働に対する「後ろ向きな発言」を官邸が快く思っていなかったと指摘している。

   週刊新潮は、大越さんが14年2月に福島第一原発を訪れた際の発言などを紹介しながら「影響力のある番組だから、官邸はこれを嫌気し、NHKに水面下で交代を求めたという」などと伝えている。

   日刊ゲンダイは、大越さんがブログに書いた「(福島原発事故は)原子力の安全神話を崩壊させ、技術への過信に大きな警鐘を鳴らした」などの発言を紹介。その上で「そこに難色を示す安倍官邸の意向が、籾井勝人会長を通じ局内に伝わっていて、去年から大越さんの交代が検討されていました」という関係者コメントを掲載している。

   一方、「官邸の意向」の影響という見方に23日付の夕刊フジは否定的だ。記事では「キャスター交代は既定路線で検討されています」「次期政治部長とも目されています」というNHK関係者のコメントや、「局内には籾井会長への反発やしこりもいまだに多いと聞きます。さらに反原発勢力を含めて、看板番組のキャスター降板を口実として利用している可能性も否定できない」という芸能メディア記者のコメントを紹介している。

堀潤さん「丸5年は通常の異動周期の範囲内でもある」

   「更迭」報道の真相は不明だが、降板自体は十分あり得る話のようだ。板野裕爾放送総局長は22日に行われた定例会見で、記者からの質問に「来年度の番組の出演者は現在選考中。(大越キャスターが)代わるか否かも決まっていない」と答えたと報じられている。降板を否定するコメントは特になかったようだ。

   そもそも、大越さんは3月でメーンキャスターを丸5年務めたことになる。前回、前々回のキャスターは2年前後で交代しており、いつ降板しても不思議ではない。22日付の日刊スポーツも「5年という節目もあり、次の世代にバトンタッチする交代人事案が浮上したとみられる」と伝えているほか、元NHKアナウンサーの堀潤さんも23日に「丸5年は通常の異動周期の範囲内でもある」とツイッターで指摘している。

   なお後任には、国際部長の河野憲治さんの名前があがっている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中