英国人人質が「兵士採用番組」司会させられる イスラム国に「24時間チャンネル」計画

印刷

   イスラム国の特徴のひとつが、ソーシャルメディアを通じて欧米から兵士を募集したり、人質の拘束や殺害を動画サイト経由で公表したりする巧みなメディア戦略だ。

   イスラム国が次のステップとして狙っているとみられるのが、「24時間チャンネル」。すでにPR動画の存在が明らかになっており、開局後は、英国人の人質を出演させ、兵士の採用活動を加速させる考えのようだ。

支配地域にFM局、リビアには衛星テレビ局

予告サイトでは「放送」のテストパターンも流れていた
予告サイトでは「放送」のテストパターンも流れていた

   イスラム国はツイッターや動画サイトを通じた情報発信に加えて、本格的な「放送」を目指している模様だ。すでにイスラム国は、いくつか放送局をいくつか開設している。イスラム国の支配下にあるイラク北部の都市、モスルではFMラジオ局「アルバヤン」が放送している。アルバヤンは、イスラム国が湯川遥菜さんを殺害したことを報じており、菅義偉官房長官は2015年1月26日午前の会見で、同局について

「いわゆるISIL(イスラム国)の関連の広報のひとつであるとは承知している」

とコメント。同局のニュース内容が犯行声明に近い性質を持っていることがわかる。

   他にも、リビアでは「タウヒード」と呼ばれる衛星テレビ局が運営されている。

   新たな動きが明らかになったのは、2015年1月中旬のことだ。米ワシントン・ポスト紙や英ガーディアン紙によると、イスラム国関係のアカウントが、あるイスラム国系サイトのURLを相次いでツイートした。サイトは「イスラム国カリフの府支持者の公式サイト」を名乗っており、宣伝用動画がいくつか掲載されていた。動画の中には、イスラム国から近いうちに「直接放送」が行われると予告するものもあった。

毎週水曜日の「イスラム国時間」17時には兵士募集番組を予定

   別のイスラム国関係の掲示板に投稿された動画では、24時間放送の宣伝チャンネルの開設も予告された。イスラム国に身柄を拘束されている英国人ジャーナリスト、ジョン・キャントリー氏が日々の番組の司会を担当し、毎週水曜日の「イスラム国時間」(日本時間-6時間)17時には、聖戦を行う戦士の採用のあり方を議論する番組も予定されているという。

   キャントリー氏は1月上旬にイスラム国の宣伝動画に「リポーター」として登場し、英国では衝撃が広がったばかりだ。

   「放送」が衛星放送なのか地上波なのか、あるいはネット上のストリーミングなのかは明らかではないが、ある程度大規模に番組作りが行われることを示唆する内容だ。

   宣伝動画が掲載されたサイトはイスラム国が直接立ち上げたものかどうかは明らかではない。専門家は、イスラム国の支持者が運営しているとみているようだが、イスラム国が単なるゲリラではなく「国家」を装うという目的に近づく狙いが背景にある可能性も指摘されている。

   1月27日時点ではサイトにアクセスできない状態で、「24時間チャンネル」に向けた動きは足踏みのようにも見える。だが、イスラム国のユーチューブ上の活動は相変わらず活発で、24時間チャンネルに動きも再び表面化する可能性がある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中