「吉田調書」公開を「愚かだ」と批判 原発事故調元委員長の発言は正論なのか

印刷

   原発事故の「吉田調書」を政府が公開したことについて、政府の事故調査・検証委員会元委員長が「愚かだ」と批判したことが、波紋を呼んでいる。

   「吉田調書」については、朝日新聞が2014年5月20日にその内容を大きく報じ、福島第1原発の故・吉田昌郎元所長が事故調に話した生々しい内容がクローズアップされた。

「封印したのに、不思議なことが起きて公開された」

   その後、各紙も次々に吉田調書の内容を報じ、朝日報道の問題点も指摘された。政府は9月11日になって、調書そのものの公開に踏み切り、朝日もこの日、誤報だったとして記事を取り消した。

   公開の理由について、菅義偉官房長官は当時の会見で、「断片的に取り上げられた記事が複数の新聞に掲載され、一人歩きするというご本人の懸念が顕在化しており、このまま非公開となることでかえってご本人の遺志に反する」と説明した。生前の吉田氏は、調書を非公開とする意向を示していたが、その後報道されてことを受けて政府が吉田氏の遺志を汲んだ形だ。

   今回これを批判したのは、政府事故調の元委員長で東大名誉教授の畑村洋太郎氏だ。

   畑村氏は、15年1月28日に開かれた内閣府の原子力委員会の会合に出席し、その中で、調書公開について「委員長の方針として封印したのに、不思議なことが起きて公開された。考え方がとても愚か」と述べた。原子力委員会では、原子力利用の指針となる「基本的な考え方」を1年ほどかけてまとめることにしており、この日から有識者の意見聞き取りを始めていた。

   こうした畑村氏の発言は、読売新聞が報じ、ネット上で、論議になった。

「率直に話さなくなる」「教訓になる」と賛否割れる

   同意する声としては、「公開されたら誰も率直な話をしなくなるよ。事故調査の基本」とするツイートなどがあった。一方、「歪められた内容が、公開によって正された。公益に叶う。どこが『愚か』なのか?」「納得出来無い。国民に明らかにして、今後への教訓とする事大切」などと発言への疑問や批判も出ている。

   吉田調書の公開当時、事故調の元委員からも賛否両論が出ていた。

   毎日新聞の報道によると、ある元委員は、「原発事故の検証と今後の事故対策を考える上で社会にとって有益だ」と理解を示した。また、別の元委員は、「非公表を前提で聴いたものを公表すると、今後同じような組織ができた時に協力を得られず、真実を追求しにくくなる」と懸念を示した。

   元委員長の畑村洋太郎氏は、どのような理由から今回、吉田調書公開を批判したのか。

   事務所の畑村創造工学研究所に取材すると、畑村氏は出張中だと秘書が説明し、話を聞くことができなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中