「AKIRA」作者・大友克洋さん、国際漫画祭で最高賞受賞 日本人として初

印刷

   フランス南西部アングレームで2015年1月29日に開幕した国際漫画祭で、「AKIRA(アキラ)」の作者・大友克洋さん(60)が最高賞を受賞した。

   欧州最大級の規模を誇り、42回を数える漫画祭で日本人の最高賞受賞は初めて。

   最高賞はフランス語圏を中心とした約3500人の漫画家らによる投票でまず3候補を選出、さらに約1600人が2度目の投票を実施し、決定された。大友さんは漫画祭の公式サイトに「信じられない気持ちで驚いている。受賞を励みに作品をつくっていきたい」というビデオメッセージを寄せた。

   「AKIRA」は1982年に漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載開始。第3次世界大戦後の「ネオ東京」を舞台に超能力を持つ少年らを描いた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中