審判批判した白鵬、テレビ生放送で謝罪 「ご迷惑をかけ、また心配をかけた」

印刷

   日本相撲協会審判部を批判していた横綱・白鵬(29)が2015年1月31日、テレビ番組「SmaSTATION!!」生放送中に謝罪した。番組で白鵬は、大鵬の記録を抜く優勝33回を記録したことを「大変幸せに感じております」としつつ、

「場所後の件ですが、多くの人々にご迷惑をかけ、また心配をかけ(たことを)お詫びしたいです。そしてこれからも、頑張っていきたいと思います。相撲の発展のために。ありがとうございます」

と発言した。

   白鵬は初場所13日目(1月26日)、大関・稀勢の里との取り組みで物言いが付いて、取り直しとなった。これについて、翌日の会見で「帰ってビデオ見たけれど勝っている相撲」「子どもが見ても分かる」「こっちは命を懸けてやっている」などと審判批判をする発言を行い、波紋が起きていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中