「シーナ&ロケッツ」シーナさん死去 61歳

印刷

   ロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカル、シーナ(本名・鮎川悦子)さんが2015年2月14日、子宮頸がんのため都内の病院で亡くなった。61歳だった。

   シーナ&ロケッツ公式フェイスブックによると、14年7月に体調を崩し、病院で検査したところ末期がんであることを告げられた。だが、シーナさんは病気をファンに公表することなく、闘病生活を送りながらライブ活動をこれまで通り行うことを希望したという。同月には18枚目のオリジナルアルバム「ROKKET RIDE」をリリースした。

   シーナさんの夫で、同バンドのギタリストである鮎川誠さん(66)は、

「シーナはロックが大好きなファンに愛されて、とても幸せでした。シーナは『ROKKET RIDE』を聴きながら、息を引き取ってしまったけど、最高のレコードを作ったことと最高の歌を歌ってくれてありがとう、とシーナへ叫んだ。 『ROKKET RIDE』はシーナと俺の歌。2人の愛は永遠だぜ」

とのコメントを出している。

   「シーナ&ロケッツ」は1978年に結成、「涙のハイウェイ」でデビューした。翌79年に発表した「ユー・メイ・ドリーム」がJALのCMに起用されるなどしてヒット。以来、日本のロックシーンをリードしてきた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中