トヨタ車「Isis」にとんだ「とばっちり」 「イスラム国」表記(ISIS)巡る「誤解」

印刷

   日本人の人質殺害をはじめ、残虐行為をいまだに繰り返している過激派集団「イスラム国」。その表記をめぐっては、「IS」「ISIL」「ISIS」などとマスコミの間でも乱立気味だ。

   そんな中、トヨタのミニバン車名(Isis)が、偶然「ISIS」と重なっていることに注目する人も現れた。米国の企業でも、社名(銘柄コード)が同一となり、思わぬ余波を受けている可能性が指摘されるところが出てきた。

車名の由来は「古代エジプトの豊穣の女神」

   国内では「イスラム国」の名称について、NHKが「過激派組織IS=イスラミックステート」へとこのほど変更したのをはじめ、朝日新聞がカギかっこを付けた「イスラム国」、一方政府は英文の「Islamic State Iraq and Levant」の頭文字をとって「ISIL」を使用している。

   もうひとつ、「ISIS」という呼び名がある。「Islamic State Iraq and Syria」の略で、米CNNやCBSニュース、英ガーディアンなどが「過激派集団ISIS」との表現を用いている。国内の大手メディアはあまり使っていないようだ。

   「ISIS」は、偶然にもトヨタ自動車が販売している車のブランド名と重なる。2004年9月発売の「Isis(アイシス)」だ。国内のみの販売で7人乗りのミニバン。トヨタの公式サイト上には所有者の声として、年配者や女性の乗り降りや、狭い駐車場での利用に便利とある。総合満足度は5点満点で4.7点と高い。

   「アイシス」の車名の由来について、トヨタは、

「古代エジプトの豊穣の女神のことです。乗る人全ての心を豊かにする車という意味です」

と説明している。女神アイシスは、日本語では「イシス」とも訳される。無論、「イスラム国」とは何の関係もない。だがインターネット上では、名称の「一致」を指摘する声が少なくない。ツイッターには「これこそ風評被害だわ」とトヨタに同情を寄せる人がいる一方、「イスラム国(ISIS)が話題になるといつもトヨタ アイシスが頭に浮かぶ」という意見、さらには、トヨタへの配慮から「ISIS」ではなく「イスラム国」の呼称を使い続けている日本メディアが多いのではないか、と勘繰る見方まで出てきた。

   トヨタに、「イスラム国」が原因で「アイシス」に何かしらの悪影響が出ているか、さらに「メディアによる配慮説」が事実かを広報担当に電話取材したが、コメントのしようがないとのことだった。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

マロン部

   続きを読む

PR 2016/9/7

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中