菅官房長官、人質遺体「国家として何とか取り戻したい」

印刷

   過激派組織「イスラム国」に殺害されたとみられる後藤健二さんと湯川遥菜さんの遺体の収容について、菅義偉官房長官は2015年2月20日午後の会見で、「国家として何とか取り戻したいという気持ちは変わりない」と述べ、情勢が変化して、2人が殺害された地域への立ち入りが可能になれば、収容に向けた取り組みを進める可能性を示唆した。

   菅氏は2人殺害が明らかになった直後の2月2日の会見では

「(「イスラム国」は)まともに話し合いのできる相手ではない」

と述べ、事実上収容を断念したとも受け止められていた。

04年人質事件の遺体は後にバグダッド市内で発見

記者会見する菅義偉官房長官
記者会見する菅義偉官房長官

   菅氏は20日の会見で、

「いわゆるISIL(「イスラム国」)の支配するところに現状において入ることはまず不可能に近い、きわめて危険な状況。様々な情報を集約して、なかなか難しいだろうと考えている」

などとして現時点では実質的に収容は不可能だとしながらも、情勢の変化によってはシリア政府と協力して収容に取り組む意向を示した。

「もちろん、できれば回収したいというのは当然のこと。ただ現実としてみれば、ISILの現実がどんな状況になっているかさえ、なかなか掌握するのが難しい状況。困難なことだが、そこの支配地が(入域)可能になれば、2人のそうしたものについては、当然、国家として何とか取り戻したいという気持ちは変わりない。意志は持ち続けている」
「(在シリア日本大使館が退避している先の)ヨルダンの大使館とシリアで協力しながら、取り戻すことができれば、それは取り戻すというのが政府の基本的な考え方だというのは変わりない」

   04年にイラクでアルカイダ系の組織に殺害された香田証生さんは、後に遺体が首都バグダッド市内で発見されている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中