日本の広告費、6年ぶり6兆円台回復 電通調べ

印刷

   電通は2015年2月24日、日本の広告費を推計した「2014年日本の広告費」を発表した。14年の日本の総広告費は前年比2.9%増の6兆1522億円で、リーマンショック直前の08年以来6年ぶりに6兆円台を回復した。

   いわゆる「マス4媒体」では、雑誌が前年比で横ばいの2500億円、ラジオ、テレビがそれぞれ1272億円(2.3%増)、1兆9564億円(2.8%増)と微増。新聞は1.8%減の6057億円だった。インターネット広告は12.1%増の1兆519億円で、初めて1兆円を超えた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中