生涯打率2割1分「どのぐらいダメなんですか?」 長嶋一茂が古市憲寿発言にキレまくる

印刷

   「長嶋家は、なんでダメだったんですか?」。社会学者の古市憲寿さん(30)がテレビのバラエティ番組でこう発言し、元プロ野球選手の長嶋一茂さん(49)がブチ切れるなどしたトークバトルが、ネット上で話題になっている。

   2人のトークは、最初から波乱含みだった。2015年3月1日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、古市憲寿さんも長嶋一茂さんも対談するのは初めてだと明かした。

「なんでダメだ? けっこう、お前グサグサ来るな!」とにらみ返す

番組後にツイート
番組後にツイート

   これに対し、2人の言動を知るコメンテーターの松本人志さん(51)が「ぶっ飛んでいるから、今日は大丈夫かなあ」と漏らすと、すかさず古市さんが真顔でこう口を挟んだ。

「比べたら、常識人ですよね、僕の方が」

   松本さんは苦笑し、長嶋さんが「聞きづてならないことを」と返してトークは始まった。

   2人の意見はぶつかり合うことが多く、川崎市立中学1年の男子生徒が刺殺された事件については、長嶋さんが容疑者は少年でも厳しくと言えば、古市さんは厳罰では抑止力にならないと反論した。ダルビッシュ有投手と元レスリング世界王者の山本聖子さんの遺伝子を持つ子供の将来が楽しみという話題になると、古市さんがいきなり前出の長嶋家の話を持ち出した。

   すると、長嶋さんは、「なんでダメだ? けっこう、お前グサグサ来るな!」とにらみ返し、「うちはアスリート同士じゃないもん」と話した。しかし、古市さんはさらに「期待されるって、どんな気分ですか?」と畳みかけると、長嶋さんもムキになって、「期待を裏切っちゃいけねえのか、おい!」と叫んだ。それでも、古市さんの質問攻めは止まず、長嶋さんの生涯打率2割1分について、「それは、どのぐらいダメなんですか?」と問いかけた。長島さんは、「お前やってみろ、じゃあ」とまたキレて、松本さんが「でも、プロ野球選手になったって、すごいことですよ」と間に入るなどして、その場を収めた。

古市さん「『気にならない好き』よりいい」

   2人は、電車の中でのベビーカーは別に気にならないという点では一致をみた。とはいえ、長嶋一茂さんは、古市憲寿さんの突拍子もない発言に「とにかく、古市さんとはまったく合わねえや」とぼやいた。

   番組では最後に、古市さんが著名人を何人も呼んで1月に豪華な誕生日パーティを開いたことが話題になり、古市さんは、自らが企画したと明かしたうえで、著名人と別々に会うより「コスパがいい」と発言した。これに対し、長嶋さんは、「まず『ありがとうございます』じゃないの?」と噛みついた。ところが、古市さんは「なんで怒られてんの?」と繰り返し、松本人志さんから来年の誕生日には長嶋さんを呼ぶのかと聞かれて「そうです」と答えた。しかし、長嶋さんは古市さんをしみじみと見つめ、「行かない!」と返してトークは終わった。

   こうした展開に、松本さんらからは「ギスギスしてるなあ」と口々に溜め息が漏れた。ただ、2人は、その後も番組で同席を続け、笑顔を振りまいており、ケンカ別れしたわけではなかった。

   バラエティ番組だけに、2人の発言は演出が加わっている可能性もある。しかし、ネット上では、古市さんに対して厳しい声が出ていた。「人を腹立たせることを平気で言う」「社会性が欠如した社会学者」「ただただ不愉快だわ」といったものだ。また、トークでブチ切れた長嶋さんについても、「なんでいつも偉そうにコメントすんの?」「感情的で話も上手くないから不快」との指摘が出た。

   もっとも、「どこが険悪なんだよ」「見てる分には面白かったのでまた共演して欲しい」などと好意的な見方もあった。

   古市さんは番組で、「世間の見方すごい気にして、エゴサーチとかすごいする」と明かしていたが、番組後のツイッターでは、次のようにつぶやいていた。

「エゴサーチしてたら『気になる嫌い』って書いてくれてる人がいて、なんかちょっと嬉しかった。『気にならない好き』よりいいよね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中