ハッシー、異例の反則負け テレビ将棋NHK杯準決勝

印刷

   第64回NHK杯テレビ将棋トーナメントは2015年3月8日、準決勝第2局が行われた。ところがその決着は、初歩的な反則として知られる「二歩」だった。

   この日は、行方尚史八段と橋本崇載八段の対局。橋本八段は奇抜なヘアスタイルやパフォーマンスからネット上で「ハッシー」の愛称で知られ、対局前のインタビューでも、「今日はいつもの人間の甘さを出さずに、激辛流で、激辛担々麺で行きたいと思います」とユニークな受け答えを見せていた。しかし行方八段優勢で進んだ終盤、悩んだ末に橋本八段は、持ち駒の中から歩を打つ。ところがこれが、同じ筋に歩を2つ以上打ってはならない、禁じ手の「二歩」。すぐに気付いた橋本八段は「あっ」と短くうなるが、時すでに遅く、そのまま敗戦となった。 対局はテレビで放映されており、ツイッターなどでも「二歩」が発言数上位に入るなど、多くの視聴者を驚かせている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中