「真っ赤っ赤」10日の花粉予報マップに都民戦慄 「東京終了...」「あっ、死ぬ」...

印刷

   本格的な花粉シーズンを迎え、花粉症持ちの人々はマスクやティッシュが手放せなくなってきた。

   そうした中、東京都福祉保健局の公式ツイッターアカウントが投稿した2015年3月10日の「花粉予報マップ」がインターネット上で話題になっている。

「花粉症でない人でも、花粉を吸い続けていると発症する可能性があります」

「真っ赤」な花粉予報マップ(画像は東京都福祉保健局ツイッターのスクリーンショット)
「真っ赤」な花粉予報マップ(画像は東京都福祉保健局ツイッターのスクリーンショット)

   予報マップは東京都内の花粉量を色別で表示する仕組みで、黄緑、黄色、橙、...と、量が多いほど赤に近づくようになっている。東京都福祉保健局のツイッターアカウントが9日に投稿した10日13時時点の予報マップを見てみると、なんと東京都全体がほぼ真っ赤に染まっている。「3月10日(火)の区部、多摩ともに終日『極めて多い』との予報です」とも説明があるが、一目瞭然だ。

   衝撃的なビジュアルは、花粉症に悩まされている都民を震撼させた。ツイッターにも

「東京終了...」
「あっ、死ぬ。」
「何?このバイオハザード...」
「見てるだけで鼻がむずむずしてきた」

などと恐れおののく声が続々と寄せられている。

   日本気象協会の発表によると、10日は東京都だけでなく関東全体で非常に多くの花粉が飛散するという。東京都福祉保健局は「花粉症でない人でも、花粉を吸い続けていると発症する可能性があります。マスク着用等十分に予防してください」とも注意を呼び掛けている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中