中川郁子政務官、農水委に出席 「軽率な行動」陳謝

印刷

   自民党の同僚議員との路上キスを週刊新潮に報じられ、体調が悪化したと主張して2週間の予定で入院していた中川郁子(ゆうこ)農林水産政務官(56)が、2015年3月10日午後の衆院農水委員会に出席した。

   中川氏は冒頭、

「私の大変軽率な行動があった。このことにより皆様方に大変ご迷惑をおかけしていると思っている」

などと陳謝し、「政務官として全力で職務に取り組んで参りたい」と政務官続投を明言した。

   中川氏をめぐっては、政務官を辞任するとの観測もあったが、菅義偉官房長官が3月9日の会見で

「なぜあんな(政務官交代の)報道が出るのか、私はよく分からない。ご本人の体調が回復基調にある、そういう報告を受けているので、中川政務官には政務官として職務に全力で取り組んでいただきたい、政府はそう思っている」

と述べ、政府として事実上「不問に付す」方針を示していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中