ニトリ社長は若いころ「ヤンキー」だった 今では信じられないような「悪さ」やらかす!

印刷

   家具・インテリア販売大手の「ニトリ」を展開するニトリホールディングス(HD)の似鳥昭雄社長(71)。同社の創業者であり、一代で東証1部に上場する大企業に育てあげた。

   そんな似鳥社長が日本経済新聞朝刊(文化面)の「私の履歴書」に登場。学生時代の破天荒ぶりがインターネットで話題になっている。

  • ニトリ社長の「破天荒」人生が話題に・・・(画像は、ニトリHDのホームページより
    ニトリ社長の「破天荒」人生が話題に・・・(画像は、ニトリHDのホームページより

少年時代は「飲み込みが悪く、すさまじい劣等生」

   これまで「私の履歴書」には数多くの政治家や文化人、経済人、学者、スポーツ選手らが取り上げられてきた。大手企業のトップも多く、最近ではオリックスの宮内義彦会長や東芝の岡村正相談役、トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長などが登場し、その生い立ちを振り返った。

   「昭和」の個性的な起業家、創業者には、最近の経営者には見られない魅力が隠れている。それはバイタリティーと遊び心に溢れていて、勢い「変わり者」と見られていたり、型破りで数々の逸話を残していたりする。経営のトップに立つ人は、ある程度アクが強い、異端のほうが成功するのかもしれないし、おおよそ立身出世の人物ストーリーとしては、破天荒なほうが面白いことはある。

   とはいえ、ニトリHDの似鳥昭雄社長ほど、赤裸々に明かすことはめずらしいかもしれない。

   似鳥社長を取り上げた連載は、2015年4月1日からはじまっている。似鳥社長は1944年3月、樺太生まれ。ニトリを1967年に創業。「他社より5年先をゆく」経営を進めてきたという。

   「私の履歴書」では、自身を「今も飲み過ぎるし、遊び好き。だらしない性格」と分析。「逆に何もできないから、色々な人の力を借りながら成功できたと思う」と振り返っている。家具販売店を起こしたというのに、接客は苦手だったそうだ。

   少年時代は「飲み込みが悪く、すさまじい劣等生」で、いじめにも遭っていた。勉強は、「5段階評価の1か2ばかり」。家庭も貧しく過酷で、両親から殴られることも。「今の時代なら虐待ととられるかもしれない」と明かしている。

   高校時代にはケンカでボコボコにされるのが嫌で、アルバイトをしながらボクシングジムに通った、という。良くも悪くも、いまでいう「やんちゃ」だったようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中