「出演者」に撮影まで1度も会っていなかった ヤラセ疑惑NHKのずさんな取材方法

印刷

   ヤラセ疑惑が持ち上がっている報道番組「クローズアップ現代」について、NHKの調査委員会は2015年4月9日、中間報告を発表した。一部放送内容については「裏付けが不十分であった」と認めたが、「ヤラセ指示」については「主張は大きく食い違っている」とするにとどめた。

   報告書の中で明らかになったのは、記者が撮影まで出演者に1度も会っていなかったことなど、番組制作での取材のずさんさだ。

  • 「クロ現」のヤラセ疑惑に揺れるNHK
    「クロ現」のヤラセ疑惑に揺れるNHK

ブローカーであるか裏付けせず

   疑惑がもたれているのは、2014年4月に関西ローカル「かんさい熱視線」、同年5月に「クローズアップ現代」で放送された「追跡"出家詐欺"~狙われる宗教法人~」だ。ブローカーとされた男性A氏が記者から収録時に演技をするよう求められた、などと告白し、訂正を求めている。

   中間報告では、撮影場所となったビルの1室をブローカーの「活動拠点」としていたことについて、「誤りであり、裏付けが不十分であった」と認めた。その一方、A氏が「ブローカー役をやらされた」と話していることについては、「記者は『演技の依頼はしていない』と一貫して否定している」として、両者に食い違いがあるとするにとどめた。

   また今回の報告で、記者のずさんな取材が浮き彫りになった。記者は撮影当日までA氏と一度も会っていなかったというのだ。直接連絡も取っておらず、撮影を打診するまでのやり取りは、記者にA氏を紹介したB氏を通じて行っていたという。

   争点となっている、A氏がブローカーであるか否かについても裏付けは不十分だ。中間報告は「記者は、A氏が『出家詐欺』の手口を詳細に語り、自らを『われわれブローカー』と称したことなどから、ブローカーに間違いないと思った」とし、A氏の発言だけで判断したと読み取れる。しかしA氏は話した内容は知人から聞いたものだとして、ブローカーではないと否定している。

元NHK記者「私の経験ではまったく考えられない」

   一連の取材、番組制作過程について元NHK記者の手嶋龍一さんは4月9日、出演した「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、

「裏を取らずに放送するのは、私の経験ではまったく考えられない」

と批判した。撮影までに一度も会っていなかったことについては、「(事前に面会することは)世界のどこでも行われていること」と指摘。「十分な取材だったかと問われると、十分ではなかったと言わざるをえない」と語気を強めた。

   また読売テレビ報道局解説副委員長の春川正明さんは「業界全体として、取材に気を配っているのに、まだこんな取材をしているのか」とあきれていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中