公立小中学校教員の8割超「時間外勤務が多い」 月100時間以上も1割

印刷

   公立小中学校の教員の8割以上が「時間外勤務が多い」と感じていることなどの調査結果を、有識者団体「日本の教育を考える10人委員会」が2015年4月16日に発表した。調査は14年12月に同団体が実施し、全国の公立小中学校教員1044人から回答を得たとのことだ。

   時間外勤務が「非常に多い」「多い」を選んだのは計82.8%だった。「月30~50時間」が最多の24.5%、続いて「月50~70時間」が21.1%で、「月100時間以上」も10.2%いた。

   時間外勤務の原因は、小学校では「事務処理」や「授業の準備」、中学校では「部活など」や「事務処理」が多かった。

   約50%が、任意の研修に「参加できていない」と回答し、そのうち73.5%が「時間がない」ことを理由にあげた。また、教師の仕事にやりがいを「感じている」「強く感じている」と答えたのは70.6%だった。

   こうした調査結果を受け、委員会は、職員の増員、業務負担の軽減などを盛り込んだ提言を発表した。外部人材に部活動を頼むことを含め、人員充実の必要性を述べた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中