爆問太田、首相主催の「桜を見る会」で満面の笑み 「安倍バカ発言」を「手のひら返し」と批判の声

印刷

   安倍晋三首相(60)が主催する「桜を見る会」が2015年4月18日、東京・新宿御苑で行われた。各界の著名人ら約1万5000人が招待され、その中にはお笑いコンビ「爆笑問題」の姿もあった。

   「爆笑問題」といえば、太田光さん(49)が先ごろのラジオ番組内で安倍首相を再三「バカ」呼ばわりし、物議を醸したばかりだ。

  • 「爆笑問題」の番組に出演する日も近い!?
    「爆笑問題」の番組に出演する日も近い!?

「なんだかがっかり」「どの面下げて行ってるんだ」

   さる3月29日の「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ系)で、太田さんは米軍普天間基地の移設問題について語る中、

「安倍っていうバカ野郎」
「総理大臣でもバカはバカでしょ」
「国を守りたい、日本を取り戻したいって言うのなら、沖縄を取り戻せと思うし。沖縄は日本ですよ。なんで日本を守らないの、あのバカは」

などと痛烈な首相批判を展開した。発言は波紋を呼び、タイタン社長で妻の太田光代さん(50)も「バカと言う言葉は、いけません」などとたしなめた。

   そんな爆笑問題の2人と光代さんが18日の「桜を見る会」に出席した様子がニュース番組等で紹介された。映像に映っていたのは、声をかけられた3人が首相と楽しそうに会話する姿だった。太田さんのはじける笑顔が印象的で、写真撮影時には首相の隣でおどけてみせる場面もあった。

   しかし「バカ発言」とのギャップに、戸惑った人も少なくなかったようだ。インターネット上には、

「結局本人を前にした何も言えず...おちゃらけでごまかすだけか...」
「爆笑問題の太田が安倍首相の隣で破顔一笑しててなんだかがっかり」

と残念がる声や、太田さんの態度を「手のひら返し」と受け止め、

「爆笑太田はどの面下げて行ってるんだ」
「官邸主催の花見会にノコノコ出席するわ、近づいてきた総理に何も物申せないわで太田さんダサいですね」

などと批判する声がいくつも寄せられた。

「安倍さんわざわざ俺んとこ来た」

   こうした声に光代さんは20日、ツイッターで、

「首相主催の花見に行っては、いけませんでしたの。自分で交通費負担して、花見をしただけです。私は」
「なんで、桜を見に行っただけで、皆さんに、なんだかんだを言われる意味が分かりません」

などと反論。会に招待されたのは「バカ発言」の前であり、行くと言ったのは太田さんだったとも明かした。

   ところで太田さんは首相と何を話したのか。19日昼の「爆笑問題の日曜サンデー」(TBS系ラジオ)ではこの時のやりとりを報告している。

   曰く、会話できた時間はほんのわずかだったそうだが、「番組出てくださいよ」と依頼したところ、「もちろんですよ」と快諾を得たという。太田さんはこれについては「まぁ政治家の言う事だから、あてにならないっちゃあてんならないから」と素っ気ない。とはいえ、安倍首相の心づかいを感じたようで、

「安倍さんわざわざ俺んとこ来て。『あ、じゃあ太田さんと一緒に写真撮りましょう』って。なんかあれ...気にしてたのかな?」

と振り返った。すると相方の田中裕二さん(50)も

「多分知ってるだろうからね。このラジオでの発言も当然耳に入っているし。まわりのスタッフも分かっていただろうし」

との見方を示し、最後には2人で「安倍さんお待ちしております」と出演を呼びかけた。

   桜を見る会は和やかなやりとりに終始したようだが、首相が爆笑問題の番組に出演した時には、歯に衣着せぬ「太田節」が炸裂するのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中