白馬岳4人遭難死、山岳ガイドに有罪判決 長野地裁松本支部

印刷

   2006年10月に北アルプス白馬岳(2932メートル)で登山ツアー客4人が凍死した遭難事故で、長野地裁松本支部は15年4月20日、業務上過失致死罪に問われた山岳ガイドの田上和弘被告(57)に禁錮3年・執行猶予5年(求刑は禁錮3年)の有罪判決を言い渡した。

   各紙報道によると、田上被告は自らが企画した白馬岳登山ツアーで、50~60代の女性客5人を引率した。その途中で猛吹雪に遭い、うち4人が凍死した。本間敏弘裁判長は判決理由で、天候悪化が予測できる気象情報が出ており、登山客の装備も不十分だったとし、「凍死の恐れを山岳ガイドとして予見できた」と指摘した。その上で、「自己の経験を過信し、引き返すなどして事故を未然に防ぐ注意義務を怠った」と結論づけた。

   この裁判で、弁護側は、天候の急変は予測できなかったとして、無罪を主張していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中