韓国国会の「安倍糾弾決議」「世界遺産反対決議」 二階総務会長始め自民党内に高まる反発の声

印刷

   韓国の国会がいわゆる「軍艦島」(長崎市)など世界遺産登録に反対する決議と安倍晋三首相が在米中にいわゆる従軍慰安婦について言及したかったことを糾弾する決議を2015年5月12日に相次いで採択した問題で、自民党内から対応を求める声が相次いでいる。

   2つの決議のうち、安倍首相を名指しした決議は全会一致で採択されており、その直前には超党派の日韓・韓日議員連盟の合同幹事会がソウルで開かれていた。このことから、議連の存在意義について疑問を呈する声も上がっている。

  • 韓国の非難決議でも安倍首相個人を名指しするのは珍しい
    韓国の非難決議でも安倍首相個人を名指しするのは珍しい

「韓国の主張は事実誤認も含めて政治的動機に基づいている」

   菅義偉官房長官は、決議が採択された翌日の5月13日午後の会見で、

「友好国の首相を名指しする形で、このような決議を行うことは非礼と言わざるを得ない。まったく受け入れることができない」
「韓国が主張する政治的主張というのは、こうしたこと(世界遺産の登録)に持ち込むべきではないと思う」

などと強く非難していた。それから1週間が経ち、自民党の中からも何らかの対応を求める声が強くなってきた。

   原田義昭衆院議員(党国際情報検討委員長)は5月15日にフェイスブックで、

「韓国の主張は事実誤認も含めて政治的動機に基づいていると見られるが、わが国としては韓国はもとより諸外国に対しても丁寧に対応していく必要がある」
「自民党としても必要なバックアップを惜しんではならない」

と訴え、5月19日の党役員連絡会で具体的な対応を求めた。これに応える形で、二階俊博総務会長は日韓議員連盟を念頭に、

「肝心な時に黙っている」

と苦言を呈した。

鳩山邦夫氏も「党が何もしないのはおかしい」

   鳩山邦夫元総務相も、自らが主宰する政策グループ「きさらぎ会」が同日昼に開いた役員会で、「党が何もしないのはおかしい」と述べた。党総裁でもある安倍首相が攻撃されている状況に対して対策を求めた形だ。

   ただ、議連メンバーも裏切られたに近い思いを持っているようで、議連幹事長の河村建夫衆院議員は、5月14日の二階派の総会で「『これはどうなんだ』という思い」などと述べている。

   いずれにしても、今後注目されるのが執行部の対応だが、谷垣禎一幹事長の記者会見を見る限りでは、この問題は現時点では「スルー」されたままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中