「報道が真実なら正直に話してほしい」 油まき容疑の宗教団体幹部の家族が訴え

印刷

   神社や寺に油がまかれた事件で逮捕状が出た米ニューヨーク在住の宗教団体幹部の男(52)は、ユーチューブに上げた動画などで「油を注いで清めた」などと話していた。しかし、男は、テレビ局の取材に対し、関与を否定している模様だ。

   「ハレルヤ、感謝します」。2013年7月6日の動画では、男は、早口ながらも穏やかな表情で話し始める。

  • 講演では「油まき」を告白したが…
    講演では「油まき」を告白したが…

「油で清め、日本人の心を古い慣習から解放する」

   この日は、男がこの年5月に東京都内で設立した活動団体の決起集会が開かれたようで、集まった人々を前に講演をしていた。

   講演では、震災直前に東京へ向かう飛行機に乗っていたと明かし、その理由として、聖霊から「日本に戻りなさい」とお告げを受けたからだと主張した。機内では、鳥居が揺らいで倒れるのを見たとし、地震が起きる2時間前に予言があったとした。その後、震災で倒れた鹿島神宮(茨城県)の鳥居の写真をスクリーンに映し、こう告白した。

「そのとき悟ったのは、あー、本当に日本の君の首が折れたんだ。アーメン」

   男によると、イエス・キリストが災難を用いて敵を裁いたというのだ。

   こうした動画は、活動団体のホームページ上で紹介されており、日本の社寺には悪霊や呪いが憑いているとして、「油を注いで清めた」などと犯行をにおわす発言を繰り返していた。集まった人々には、「油で清め、日本人の心を古い慣習から解放する」「仏像など徹底的に偶像を破壊して下さい」などと過激な呼びかけもしていた。

   動画などによると、男は、東京都出身で、17歳のときに韓国系牧師が創立した都内の教会で洗礼を受け、キリスト教徒になった。高校卒業後に、神の導きを受けたとして、アメリカで医師を目指して州立大学医学部に進学した。その後、ニューヨークで産婦人科医となり、子宮内膜症、不妊症の専門医としては全米トップレベルと認められたとうたっている。

油まきの心当たりは、「ありません」と否定

   報道によると、男が設立した活動団体は、東京と大阪を中心に一時は250人いたともいうが、現在は50~100人ほどだともされている。団体のメンバーは、宗教団体ではないと説明したという。男は、韓国のキリスト教系団体の理事も名乗っている。油まき被害は、16都府県、48か所にも上っており、男は、13年夏ごろから「お清め」と称して油をまいたと動画などで語っていた。

   活動団体のメンバーらに油まきを指示していた疑いもあるといい、千葉県警などが建造物損壊の疑いなどで調べている。

   日本テレビ系番組「スッキリ!!」では、ニューヨークで15年5月に記者が男に直撃取材した様子を放映し、男は、油まき関与の心当たりについては、「ありません」と否定していた。ただ、15年3月上旬ぐらいに日本に来ていたことは認めた。このときは、成田山新勝寺(千葉県)などの防犯カメラに男と似たような不審な人物が映っていた。

   男は、もともと在日韓国人だったが、1979年に日本に帰化した。これは、この年の官報に記載されていた。男の家族にもキリスト教徒がおり、この家族は、宗教情報サイトで、在日韓国人として自らのアイデンティティに悩み、イエス・キリストと出会って救われたと明かしていた。

   この家族の代理人をしている弁護士は、取材に対し、油まき容疑の男について、「報道では名前が出ていませんので、本人かどうかは分かりません。油まきについては、知らないと言っています」と答えた。男とは、数年前に両親が亡くなった後に不和になり、日本とアメリカと住む場所が離れていることもあって、それから連絡を取っていないという。

   男の活動団体とは何も関係はないとしたうえで、この家族は、「報道が真実なら、率直に話してほしい」と訴えていたとしている。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中