アマゾンレビュー欄で投稿者に情報開示請求 著者が低評価に怒ったためとの憶測広がり、「炎上」

印刷

   ある若手投資家の著書のアマゾンレビュー欄が炎上している。星1つの低評価をつけたレビュー投稿者の1人が、著者から情報開示請求を受けたとネット掲示板で明らかにしたからだ。低評価をつけられたことに腹を立てたのか、などと憶測され、ネット上で猛バッシングを受けているのだ。

   著者はアルバイトで貯めた60万円あまりを元手に、30代前半ながらいまや数十億円を動かす大投資家になった片山晃氏(ペンネーム五月)。テレビで「新カリスマ投資家」と取り上げられたこともある、話題の人物だ。

  • アマゾンレビュー欄は大炎上
    アマゾンレビュー欄は大炎上

投稿者「アマゾンから開示請求が来た」

   騒動になっているのは片山氏が、機関投資家の小松原周氏と手がけた「勝つ投資 負けない投資」(クロスメディア・パブリッシング)だ。片山氏がバイトで貯めた元手65万円から大投資家になるまでの変遷を振り返り、「勝つ株式投資の秘訣」などをつづった内容だ。

   この本のレビュー欄が炎上した発端は2015年6月13日、ネット掲示板「2ちゃんねる」に、レビュー投稿者の1人が「アマゾンから開示請求が来た」と暴露したからだ。投稿者がコピー&ペーストしたアマゾンから届いた文面を見ると、氏名や住所など個人を特定できる発信者情報が開示請求されたようだ。

   この投稿者によると、レビューでは「片山氏の売名目的の本」「当たり障りのないことしか書かれていない」として星1つの低評価をつけたそうだ。さらに片山氏があるメーカーの株式を売買した時のことを例に挙げて「合法だけど尊敬できない手法を使う」「著者が大量保有している銘柄は怖くて買えない」などと書いたという。ただ、開示請求された理由については「謎」とした。

   投稿者らにとってはまさかの開示請求だったようで、ネットは猛反発。著作に対して批判的に星1つの厳しい評価を下したからだと憶測され、

「否定的なレビューがほしくなかったら最初っから出版するな!!」
「気に食わねえレビューしたやつは特定するからな!ってこと?」
「批判的な文章に対して開示請求なんてされてたら、おちおちレビューも書けやしない・・・」

など、アマゾンレビュー欄には批判が殺到。炎上状態になってしまった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中