日本の歯科技工士は存亡の危機 国会内で「保険でよい歯科医療を」集会

印刷

   「保険で良い歯科医療を」のスローガンの国会内集会が2015年 6月 4日、東京の衆議院第1議員会館で開かれた。

   全国から集まった400 人を超える歯科医、歯科技工士、歯科衛生士らと、40人以上の国会議員、秘書らが参加した。

  • 歯科技工士、歯科衛生士の地位向上と待遇改善が求められている
    歯科技工士、歯科衛生士の地位向上と待遇改善が求められている

歯科衛生士も待遇改善が必要

   集会では、1992年から歯科関係職が協同で活動している「『保険で良い歯科医療を』全国協議会」はじめ、歯科技工士会、全国保険医団体連合会などの代表が、国の低医療費政策で歯科医療費が10年以上も増えていないため、さまざまな問題が起きていることを訴えた。

   たとえば、義歯などを作る歯科技工士は低賃金、長時間労働で、卒業後 5年以内に75%もが離職している。66%が週70時間以上働き、37%はほとんど休みが取れない状態なのに38%は可処分所得が 300万円以下という惨状だ。歯科医が払う技工料は事実上、市場価格で、国が中国などからの安価な輸入義歯を認めているなどから低めで、国家資格である歯科技工士の職種自体が存亡の危機にひんしている。

   歯科診療所に勤め、診療補助や口腔ケアなどの予防を担当する歯科衛生士も、診療報酬は十分とはいえず、主に経済的な理由から 3割の診療所は雇用していない。

   高い窓口負担や自費診療が患者の受診を妨げている要因だとして、関係団体は保険で良い治療が受けられる歯科医療の実現をめざす。

   集会はこのために(1)窓口負担の大幅軽減(2)保険のきく歯科治療の範囲の拡大(3)歯科技工の引き上げ(4)歯科技工士、歯科衛生士の地位向上と待遇改善(5)歯科健診の充実(6)歯科診療報酬の引き上げ、を求めるアピール文を採択した。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中