米歌手テイラー・スウィフト Apple Music無料期間に抗議

印刷

   米人気歌手のテイラー・スウィフトさんが2015年6月21日(米国時間)、自身の最新アルバム「1989」を30日から始まるアップルの新ストリーミング音楽配信サービス「Apple Music」に提供しないことをブログで明らかにした。

   「Apple Music」は月額9ドル99セントの有料サービスで、ユーザーは最初の3か月間はトライアル期間として無料で利用できる。しかしこの期間中、Appleからはアーティストや作詞家、作曲家、プロデューサーに対する報酬が一切支払われないといい、スウィフトさんはこの点について「ショックで失望した」とブログで批判。この間のロイヤリティーはAppleが負担すべきだと訴えた。

   スウィフトさんはAppleについて「音楽の販売とファンたちとのつながりを生んだ最高のパートナーであり、尊敬する企業」とも書いている。報酬なしの件についても「有料ストリーミングサービスの実現というゴールのためということは理解している」とする。だがスウィフトさんは、新人アーティストらの苦しい状況に触れつつ、「私たちはiPhoneを無料にしろとはお願いしません。どうか、私たちに音楽を無料提供しろと言わないでください」と述べた。

   スウィフトさんの訴えを受け、Appleのエディー・キュー上級副社長は自身のツイッターを更新。「アップルミュージックはアーティストにストリーミングの支払いをします。それはカスタマーの無料トライアル期間であっても」などとコメントした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中