日本初の「女性首相」最有力は稲田政調会長 本人も「政治家なら、誰でも首相を目指す」

印刷

   いまや日本初の「女性首相」の最有力との呼び声が高い、自民党の稲田朋美政務調査会長(56)。そんな稲田氏が「政治家であるなら、誰でも首相を目指している」と述べたことがインターネットで話題だ。将来の首相への意欲をのぞかせた、とみられている。

   稲田氏は、2012年末に第2次安倍内閣が誕生すると、当選3回にして副大臣や政務官の経験がないにもかかわらず、規制改革担当相に大抜擢され、14年9月には現職に就任。「安倍首相の腰巾着」などと揶揄されることもあるが、注目度が増していることは間違いない。

  • 稲田政調会長は、日本初の「女性首相」になれるのか?(画像は、「稲田朋美公式ホームページ」)
    稲田政調会長は、日本初の「女性首相」になれるのか?(画像は、「稲田朋美公式ホームページ」)

大臣経験よりも、「選挙の顔」であることが大事

   そんな稲田氏の発言にインターネットでは、

「まあ、目指すのは自由ですから」
「『政治家は誰でも首相を目指す』って、呆れて話にもならん」
「安倍首相の後ろ盾をもとに後継者気取りかよ」
「これは『戦国武将は皆、天下を目指した』と同じレベルのデマだね」
「稲田ごときが総理になるようでは、日本もほんとうにおしまい」
「稲田の口から『国家論』を聞いたためしなし!」

といった、冷ややかな声も寄せられている。

   しかし、政治評論家の有馬晴海氏は「稲田首相」の可能性について、「初の女性首相に近いことは確かでしょう。可能性は大いにありますよ」という。

   その理由のひとつは、首相選びが大きく変わったことにある。かつて、首相に「最も近い」とされたのは大臣経験者、なかでも外務と財務や経済産業相といった外交と経済を担う閣僚を経験、かつ党3役のうち2役の経験者といわれた。

   それが小泉内閣時代から変わってきて、いまの安倍晋三首相も自民党幹事長と内閣官房長官だけだ。有馬氏は「いまは大臣経験よりも、『選挙の顔』であることが大事なんです」と説明する。「ポスト安倍」で名前があがるのが麻生太郎財務相・副総理、谷垣禎一自民党幹事長、石破茂地方創生担当相・・・らで、「自民党の人材不足」も目立つ。

   閣僚経験が重視されなくなったことで、当選4回で規制改革担当相と政調会長に就いた稲田氏は、エリートコースに乗っている形だ。

   さらに少子高齢化の時代にあって、弁護士の夫と1男1女の母として稲田氏が家庭を大事にしていることも高い評価につながっている。

答弁がしっかりしているのは強み

   たしかに、安倍首相の覚えがめでたいことは大きなプラスだ。稲田氏は閣僚就任後も靖国神社への参拝を欠かさない「超保守」。前出の有馬晴海氏は、「『自民党政権が続けば』という条件付きですが、安倍路線を継承できる人材として重宝がられている」と指摘。周囲が放っておかなくなっているとみている。

   さらに、稲田氏が弁護士出身であることの利点もある。「答弁がしっかりしているのは弁護士経験が生きているのだと思います。アウエーの立場になったときでも、言葉で切り抜けていける術を知っているのは強みです」。

   また、カラフルなメガネと網タイツに身を包み、選挙区である福井県鯖江市の地場産業の広告塔を買って出る姿に、評判も悪くはない。

まだ「本気」が見えない

   なかなかの好印象のようだが、有馬氏に聞くと、「地場産業のPRが悪いとはいいませんが、派手なメガネや網タイツが政治家のファッションとしてふさわしいかというと首を傾げる人がいないとは言えません。とやかく言われないためにも、ほどほどがいいと思います」と、柔軟性やバランス感覚にやや欠ける点を指摘する。「保守思想の強いこともそうですが、一本気なところはマイナスになりかねないですね」。

   最近は「ポスト安倍」ともてはやす向きもあるが、「まだ周囲が騒いでいるだけで、本人はそんなに(首相になりたいとは)思っていないのではないでしょうか」という。

「ここ数年はいわゆる調整型よりも、はっきり主張できる、リーダーシップを発揮して国民を引っ張っていける首相が求められています。稲田氏にそれがあるかといえば、まだこれから。本人しだいですが、リーダーシップを発揮するには、自分自身がはっきり立つことを表明して、行動して、発信していくことが大事になります。周囲の理解や協力も必要ですが、まずは自分自身が決めなければ。まだ『本気』が見えません」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中