新国立競技場の建設計画「見直すべき」は81% 読売新聞調査

印刷

   読売新聞は2015年7月3日から5日にかけ全国世論調査を実施し、その結果概要を6日に発表した。それによれば20年の東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設計画を「見直すべきだ」と回答した人は81%に達した。

   競技場の建設費は2520億円になる見通しで、当初予定から約900億円増えることで疑問の声が挙がり「見直すべきだ」は女性が83%、男性は78%となった。

   自民党の勉強会で「報道規制」発言が相次ぎ、自民党が勉強会代表や発言した議員を処分したことについて、「当然だ」と答えた人は74%に上った。安倍内閣の支持率は前回調査(6月5~7日)の53%から4ポイント下がり49%となった。内閣支持率が50%を切ったのは14年12月の第3次安倍内閣発足直後(49%)以来。自民党支持率も35%と前回調査から3ポイント下がり、自民党が政権に復帰した12年12月以来、最も低くなった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中