ナイナイ岡村、芥川賞受賞のピース又吉に忠告 「スパっと本書きを辞めた方がええんちゃうかな」

印刷

   お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん(35)による小説「火花」が芥川賞を受賞したことを受け、芸能界からは続々と祝福の声が寄せられている。

   そうした中、「ナインティナイン」の岡村隆史さん(45)は2015年7月16日深夜放送のラジオ番組内で、早くも期待がかかっている次回作について「書かん方がいい」とのアドバイスをおくった。

  • 初の「芸人芥川賞作家」となった又吉直樹さん(2015年6月撮影)
    初の「芸人芥川賞作家」となった又吉直樹さん(2015年6月撮影)

受賞後には「そろそろ書き始めたい」と次作に意欲

   16日夜、東京・築地の料亭で第153回芥川賞・直木賞の選考会が行われ、又吉さんの「火花」は、羽田圭介さん(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」との同時受賞となった。お笑い芸人の芥川賞受賞は初の快挙だ。

   又吉さんは受賞会見で「次回作」に触れ、

「そろそろ書き始めたい。でも、おもしろいものを書きたいので、どれくらいの時期に出せるかは分からない。必ず恥をかいてもいいんで、書こうと思う」

と意欲をみせた。

   次回作については「火花」が話題になった当初から期待の声が高まっていたが、今回の受賞を機に、さらなる注目を集めそうだ。

   ところが同日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)では、岡村さんが「書かん方がいい」とのアドバイスをおくった。

   岡村さんは冒頭で受賞の報を紹介。

「我らが又吉が芥川賞受賞ということで、これはもう、どえらいことですよね。松本清張さんとか石原慎太郎さんとかと並んだということですよ、これ!」

と興奮気味に語り出した。もともと受賞は厳しいと考えていただけに、驚きや喜びもひとしおのようだ。

「絶対今度書いたとしてもハードルあがる」

   ただ次回作については「もう又吉、書かん方がええで、本」と忠告する。

「逆に次ハードル上がってもうて、次は何やっても『パート2オモしろない』って言われんねんから。なんでも」

   岡村さん曰く「パート2」も面白かった作品は、映画「ゴッドファーザー」や「ダイ・ハード」くらいだといい、大体は「パート2」あたりから面白くなくなるという。

   岡村さんは、世間の期待値がやたらと高まっている状況下で2作目を出すことには相当な覚悟が必要だと考えているのだろう。その後も、

「絶対今度書いたとしてもハードルあがる。これでもう、スパっと本書きを辞めた方がええんちゃうかなって思うねんけどね。次はハードル上がるよ。残念やと思うけども...」

などと語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中