福士蒼汰主演「恋仲」初回9.8% フジ「月9」史上初の1ケタ発進

印刷

   2015年7月20日に放送されたフジテレビ系の連続ドラマ「恋仲」第1話の平均視聴率は9.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

   これまで数々のヒット作を生み出してきた同局のドラマ枠「月9」で、第1話が1ケタとなったのは今回が初めて。これまでの初回最低は2011年の「大切なことはすべて君が教えてくれた」で12.1%だった。

   「恋仲」は俳優の福士蒼汰さんが主演、女優の本田翼さんがヒロインを務めるラブストーリー。富山から上京した建築士見習いの三浦葵(福士さん)が、幼馴染で初恋の人である芦沢あかり(本田さん)と7年ぶりの再会を果たし、さまざまな障害を乗り越えながら「本当の恋」をつかんでいく姿が描かれている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中