首相の足を引っ張る礒崎首相補佐官 「法的安定性」で炎上、それでも喧嘩腰主張

印刷

   内閣の重要政策について首相に進言するはずの首相補佐官が、結果的に首相の背後から鉄砲を撃つという珍しい事態に発展している。礒崎陽輔首相補佐官が、政府が今国会での成立を目指す安全保障関連法案と憲法との関連について「法的安定性は関係ない」と述べたためだ。

   政府はこれまで、「法的安定性には配慮している」といった答弁を繰り返しており、発言をそのまま受け止めれば、政府見解と真っ向から対立することになる。野党は礒崎氏更迭を求めるなど攻勢を強めており、発言が政府の足を引っ張ったことは確実だ。

   礒崎氏をめぐっては、15年5月にもポツダム宣言の文言に反発するかのような発言をして政府が沈静化を図ったという経緯がある。いわば「イエローカード」が出ていたとも言えるが、それからわずか2か月後にオウンゴールを繰り返してしまった形だ。だが、この期に及んでも礒崎氏はツイッターでけんか腰の論戦を展開しており、このままでは新たな失言が飛び出す可能性は高い。

  • 事案について「まだコメントできる段階ではない」がツイッターでの論戦は活発だ
    事案について「まだコメントできる段階ではない」がツイッターでの論戦は活発だ

谷垣幹事長は渋い顔、菅官房長官もかばいきれずに注意

   一般に「法的安定性」とは、大まかに言えば朝令暮改を慎み、法律の適用を安定させることを指すとされる。安保法制をめぐっても、自民党の高村正彦副総裁を筆頭に、政府・与党側は、

「これまでの憲法解釈との論理的整合性と法的安定性に十分留意している」

などと繰り返し主張してきた。ところが礒崎氏は7月26日に地元の大分市で行った講演で、

「法的安定性は関係ない。わが国を守るために必要な措置であるかどうかは気にしないといけない」

などと述べた。これには野党から補佐官更迭を求める声が出た上、自民党の谷垣禎一幹事長も7月27日の会見で、

「伝えられるように『関係ない』とおっしゃったのだとすると、これは極めて配慮の欠けたこと」
「もし字義通りそのようなご発言をされたとすると、ちょっと違いますね」

と渋い顔だ。菅義偉官房長官も、7月27日午後の会見では、

「『関係ない』という発言をした風には理解していない。全体の文章の中で、そういうことではないと思っている」
「法的安定性を否定するようなことはなかったと思っている」

とかばおうとしたが、7月28日午後の会見では、

「昨日から参議院の審議が始まるところ(での発言)で、誤解を与えるような発言は慎むべき」

と電話で注意したことを明らかにした。菅氏によると礒崎氏は、

「申し訳なかった」

と応じたというが、礒崎氏のツイッターを見ると本当に「申し訳ない」と思っているかは疑わしい。

「何をお聞きになりたいのか、もう一度御質問していただけませんか? 」

   礒崎氏は7月28日10時30分頃、

「報道の件について、事案の処理中であり、まだコメントできる段階ではありませんが、地元の大分合同新聞が26日の国政報告会における私の発言要旨を掲載してくれていますので、事実関係を先に御報告させていただきます」

とツイート。比較的詳しく発言内容が載っている新聞記事のPDFファイルにリンクを貼った。自民党や菅氏に対して述べたというお詫びの言葉は見当たらない。17時時点で、礒崎氏はその後26回にわたってツイッターの更新を繰り返した。批判的なツイートに対しては、

「では、あなたが憲法が許容していると考える『自衛のための措置』は、どういう基準、範囲のものでしょうか」
「何をお聞きになりたいのか、もう一度御質問していただけませんか? 」

などと返信しており、「売り言葉に買い言葉」の様相だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中