静岡マツダCM撮影で危険走行 ツイッターで指摘受け、謝罪

印刷

   マツダの子会社「静岡マツダ」は2015年8月7日、テレビCMの撮影をした際に撮影車両が一般車両の安全走行を妨げたとして、ホームページ上に「おわび」を掲載した。

   問題の撮影は、5月25日に静岡県道127号(西伊豆スカイライン)で行われた。実際に撮影時の様子を見たという人物が「公道での撮影にも関わらず道路封鎖無し 撮影車は対向車に構わず車線をはみ出してくる」「さっきCM見て判明。大手が公道でこんな事していいの?」などとツイッター上で写真付きで指摘。これに気付いた同社がCM発注先の広告代理店に確認して判明した。

   静岡マツダは「本件を真摯に受け止め、発注先の広告代理店とともに、警察当局の指示に従うと共に、再発防止に向けた体制強化を徹底してまいります」とのコメントを発表。テレビCMはすでに放映を中止したという。

   なお、マツダ本社の公式ツイッターは3日時点で「本社の撮影の事実はない」として一度は否定したが、7日に「静岡マツダによるテレビCM制作時の一般車両等の安全走行を妨げる撮影と判明しました」と訂正し、謝罪した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中