マクドナルド、最悪の262億円の赤字 6月中間決算

印刷

   日本マクドナルドホールディングスの2015年6月中間連活決算は、純損益が262億円の赤字(前年は18億円の黒字)で、2001年の上場以降、中間期では最悪の水準となった。8月12日に発表した。中間決算で最終赤字に転落したのは9年ぶり。売上高は前年同期比29.5%減の852億円で上場以来初めて1000億円を割り込み、本業のもうけを示す営業利益も182億円の赤字(前年同期は35億円の黒字)に転落した。

   14年7月に仕入れ先だった中国の工場で期限切れ鶏肉の使用が発覚したことに加えて、15年1月には商品への異物混入が相次いで表面化したことが響いた。

   客離れで、既存店全体の売上高は前年同期比27.5%減となり、下げ幅は中間決算では過去最悪。7月までの既存店の売り上げは18か月連続で前年同月を下回り、来客数も27か月連続で下回っている。

   サラ・カサノバ社長は記者会見で「日本マクドナルドを取り巻く環境は依然として厳しい。ビジネスを回復させるために必要なことは何でもやる」と述べた。

   なお、15年12月期通期の最終損益の予想は、4月に発表した380億円の赤字のまま据え置いた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中