2014年の出生数、最少更新して100万人に 死亡数は戦後最多の127万人

印刷

   厚生労働省が2015年9月3日に発表した14年の人口動態統計(確定数)によると、出生数は13年から2万6277人減って、100万3539人となった。4年連続の減少で、公表をはじめて以来の最少を更新した。同省は15~49歳の女性人口が2566万8000人と、13年より約1%減り、子どもを産む層がさらに減ったことが要因とみている。

   日本で1人の女性が生涯で産む子どもの数の平均を推計した合計特殊出生率は1.42で、6月の公表時から変更はなかった。婚姻件数は1万6864組減って64万3749組。離婚件数も9276組減の22万2107組だった。

   一方、死亡数は127万3004人で、13年より4568人増えた。高齢化などの影響で戦後最多となった。出生数から死亡数を差し引いた自然増減数は26万9465人の減少で、過去最大のマイナス幅だった。

   日本の人口の自然減は8年連続で、人口減少の傾向が強まっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中