安倍首相が嫌うTV局はやっぱりテレ朝とTBSだった? 在阪テレビ局やBSまで出演している一方で...

印刷

   安全保障関連法案の成立に向け、安倍晋三首相は精力的にテレビ出演を続けている。参院特別委員会の開催中にもかかわらず、在阪テレビ局の収録に参加する積極さまでを見せたほどだ。

   その一方、2015年に入ってテレビ朝日やTBSでの出演は、9月半ばになってもいまだゼロだ。安倍首相が出演する放送局とそうでない局の違いは何か。背景には各局との距離感が関係してそうだ。

  • 安倍首相は精力的にテレビ出演している(15年5月14日撮影)
    安倍首相は精力的にテレビ出演している(15年5月14日撮影)

「そこまで言って委員会」ではジョーク飛ばす

   2015年9月6日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)に出演した際は、大きな拍手に迎えられてスタジオに登場。週刊文春に報じられた「吐血疑惑」について質問されると、「ゴホッ」とわざとらしくせき込んでみせ、「高杉晋作じゃありませんから」と笑い飛ばした。

   番組が収録された9月4日は、同局の「情報ライブ ミヤネ屋」にも生出演。参院で特別審議が行われているにもかかわらず、わざわざ大阪まで足を運んで番組をはしごした格好だ。

   安保関連法案の今国会での成立に対し、世論調査が厳しい結果を示す中、安倍首相は活発にテレビ出演を行っている。7月20日にはフジテレビ「みんなのニュース」に出演。安保関連法案を火事にたとえ、模型を使って説明する場面が話題になった。

   そのほか8月14日にNHK「ニュースウォッチ9」、地上波以外でも4月20日にBSフジ「プライムニュース」、7月21日にBS日テレ「深層NEWS」に出演した。

   その一方、2015年に入ってから地上波ながらテレビ朝日やTBSにはいまだ出演していない。たまたま両局が出演依頼を出していなかっただけなのか。J-CASTニュースの取材に、テレ朝は「放送にいたる過程については、従来お答えしておりません」と回答。TBSからは「番組制作の過程については、かねてよりお答えしておりません」と回答があった。

テレ朝、TBSとは因縁が・・・

   テレ朝とTBSに出演していない理由は分からないが、両局と安倍首相との間には、因縁めいたものがないとは言えない。

   自民党は2014年11月、テレ朝「報道ステーション」のアベノミクスの取り上げ方について注文をつけ、公平中立な番組を作るよう要請する文書を出した。15年3月、同番組にコメンテーターとして出演した元通産官僚の古賀茂明氏が官邸から圧力があった、と発言したことを受け、同局幹部から事情聴取を行っている。

   TBSでは「NEWS23」で一悶着あった。衆院解散を発表した14年11月に安倍首相が生放送に出演したが、アベノミクスに批判的な街の声が取り上げられたことに「これは(TBS側が)選んでいると思いますよ」「(実態が)全然反映されていませんが、おかしいじゃないですか」と不快感を示していた。

   こうした経緯が出演するかしないかに関係しているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中