北斗晶、乳がん手術後ブログ初更新 「まだ右胸を見る勇気ない」

印刷

   乳がんのため2015年9月24日に右乳房の全摘出手術を受けた元プロレスラーでタレントの北斗晶さん(48)が26日、術後初めてブログを更新した。

   「ご心配をおかけしてすみません」と題した記事で、「手術も無事に終わり、薬で寝ていたので目覚めて...気がつけば数日経っていた感じです」「術後はお陰様で順調に回復しています。いい先生や看護師さんに助けられ、自分の足でトイレにも行ける様になりました」などと現状を報告した。

  • ブログで手術経過を報告(画像は北斗晶さん公式ブログのスクリーンショット)
    ブログで手術経過を報告(画像は北斗晶さん公式ブログのスクリーンショット)

脇のリンパへの転移も発覚し、腫瘍取り除く

   胸の腫瘍は前のブログで直径約2cmと説明していたが、手術時には直径2.5cmになっていたという。また、脇のリンパへの転移も発覚し、脇の腫瘍も取り除いたそうだ。その影響で、現在は右手のリハビリを行っているという。

   北斗さんは、

「オッパイが片方ないのは、洋服の上からでも分かるんだけど、どうしても自分ではまだ右胸を見る勇気がなくて... 見たら、パニックになっちゃいそうなので もう少し落ち着いたら、気持ちをしっかり持って1歩進めればと思います」

と複雑な心境を打ち明けつつ、

「胸を無くしても命はなくさない!!だって、これで命を持って行かれたら何のために胸を取ったのか?分からなくなるでしょう。だからこれからも生きる為に頑張るつもりです」

と前向きな様子も見せた。

   なおブログでは、24日に亡くなった川島なお美さん(享年54)についても触れている。共演時の思い出を振り返りながら「少しでも一緒に仕事をさせて頂けた事は本当に有難く感謝いたします」とつづった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中