福島第1原発2号機、核燃料は「7割以上溶融」か 日本物理学会で発表

印刷

   名古屋大学などのチームは2015年9月26日、東京電力福島第1原発の2号機について、核燃料の70%以上が溶融している可能性があると発表した。複数の主要メディアが報じた。

   発表を行ったのは、大阪市内で開かれた日本物理学会の大会。

   研究チームは、素粒子の一種である「ミュー粒子」に着目した。ミュー粒子は、コンクリートなどを通り抜けられるが、核燃料は通り抜けにくい性質を持つ。それを応用して、14年春から「ミュー粒子」の量などを観測したところ、2号機炉心にあるはずの核燃料がほぼ存在しないとの結果が得られた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中